バイオマス栽培キットによるバジル栽培

植え付け準備(共通)

バイオマス栽培キットの準備1

ビオポットにバイオマスソイルを8分目ほど入れる。

バイオマス栽培キットの準備2

バイオマスソイルの塊をほぐし、たっぷりの水でむらなく潤します。
水が切れるのを待ち、2~3度繰り返します。

バジル栽培 -苗の育成-

スウィートバジルは、とても発芽しやすく、病害虫にも強くて育てやすいハーブです。 種まきは春から秋にかけて可能です。 育苗用の生分解性biopot(ZPFacH20-9.0)でバジルの苗を育てます。

バイオマス栽培キットによるバジル苗の育成1

苗床に種を播く。春は約2週間、夏秋は約1週間で芽が出るので、さらに本葉2枚が開くまで待つ。

バイオマス栽培キットによるバジル苗の育成2

生分解性biopot(ZPFacH20-9.0)に、バイオマスソイルを入れます。

バイオマス栽培キットによるバジル苗の育成3

発芽したスイートバジルの苗を生分解性biopotに鉢上げします。

バイオマス栽培キットによるバジル苗の育成4

根が完全に埋まるように苗の周囲にバイオマスソイルを入れ足します。鉢上げ後2,3日置いてから肥料を一つまみポット全面にばらまきして下さい。

バイオマス栽培キットによるバジル苗の育成5

鉢上げ後は十分に水を与えながら、本葉が10枚ぐらいになるまで育てます。
この時切り取った苗もサラダで召し上がれます。

 
十分に水を与えます。
スイートバジルは、とても発芽率の高い植物です。
ポットに数粒の種を播き、複数発芽したら1本だけ残し、他の苗は抜かずに根元から切り取り、育成した後、ポットのまま植え付けて下さい。
苗を抜かずに切り取るのは、残す1本を傷めない為です。
生分解性biopot ZPFacH20-9.0を使用します。

バジル栽培 -定植-

バイオマス栽培キットによるバジル苗の定植1

1カ月程度、十分に水を与え、苗を育成しています。

バイオマス栽培キットによるバジル苗の定植2

biopotは、根の発育がたいへん良いため、根がポットを突き破って出ています。

バイオマス栽培キットによるバジル苗の定植3

栽培用biopot(ZH100-24)に、バジル苗をbiopotのまま定植します。

バイオマス栽培キットによるバジル苗の定植4

移植後は十分に水を与えます。
1つのポットに3株程度を定植します。

バイオマス栽培キットによるバジル苗の定植5

スイートバジル苗のポットが表面に出ないよう植え付けます。

バイオマス栽培キットによるバジル苗の定植6

定植後に肥料を約30gばらまきし、十分水を与え生育をお楽しみください。
約15cmに延びたら芽先を摘み脇芽を出させます。

必要に応じて葉を取りサラダ、パスタなどでお楽しみください。

バジル栽培 -その後-

スイートバジル 大分県モニターSさん

大分県のモニターさんのバイオマス栽培キットによるスイートバジル

播種、鉢上げ、定植後大分へ発送し庭先で育てていただきました。
パスタやサラダなど、たっぷりと楽しんでいただきました。